アヴァンス法律事務所 代位弁済

アヴァンス法務事務所の正しい利用の仕方!

アヴァンス法務事務所の正しい利用の仕方!

 

代位弁済が行われた人のアヴァンス法律事務所の利用

 

私には以前、銀行系のカードローンがあり、

 

延滞を重ねてしまい銀行側から

 

「代位弁済」という処置をとられました。

 

 

代位弁済とは銀行が契約している「信用保証協会」というところに債権を譲渡してしまう処置のことです

信用保証協会は取り立てが厳しく、
借金の回収のためにかなり強引な取り立てや法的措置をとってきます。
悩んだ私は「アヴァンス法律事務所」に相談をして任意整理をしてもらい、なんとか事態を収集したのです。

 

”代位弁済”は銀行カードローンや住宅ローンなどを組んでいる人に関係してきますが、
このときに相談するアヴァンス法律事務所の正しい利用のしかたを知っておいたほうがいいですよ。

 

場合によっては違う方法も考えなくてはなりませんから・・・

 

 

 

代位弁済後のアヴァンス法律事務所の正しい使い方

 

1.銀行への借金が140万円以下の人しか無理

 

2.代位弁済後に任意整理をしたら銀行口座が”凍結”されることがある

 

3.アヴァンス法律事務所に依頼する前にすることや注意点

 

 

 

銀行への借金が140万円以下の人しか無理

 

代位弁済が行われると、
信用保証協会からの取り立てがはじまり、それはかなり強引なものです。

 

うちは賃貸だったのでそれほどでもありませんでしたが、
マイホームなどがあると、なんとか競売などにかけようとしてきます。

 

個人ではなかなか太刀打ちできませんので、
やはり弁護士や司法書士などにお願いして任意整理をしてもらうのがベストです

 

私はアヴァンス法律事務所に救われましたが、
借金の総額が「140万円」を超えてしまうと
司法書士の守備範囲を超えてしまうので取り扱いできないので注意しましょう。

 

 

代位弁済されると銀行口座が”凍結”されることがある

 

私が数回支払いができなくなり、代位弁済をされると、
すぐにその銀行口座が”凍結”されて預金を引き出せなくなってしまいました。
数万円でしたが、
その預金額はすべて「借金と相殺」という形で返済に充てられてしまったのはかなりの打撃でした。

 

銀行口座の凍結には2種類のパターンがあるそうで、
それは契約書にも掲載されているので目を通しておいたほうがいいですね。

 

一つは借金をしている銀行の口座のみが凍結される場合と、他の銀行の口座まで凍結されてしまうパターンです。

 

銀行以外の消費者金融などで代位弁済がされてもこういったことは起きませんが、
銀行系ならば注意が必要です。

 

 

アヴァンス法律事務所に依頼する前にすることや注意点

 

代位弁済後に銀行口座が凍結されるかどうかは、その銀行によって差があります。

 

ただ、アヴァンス法律事務所などに任意整理の依頼をすると
「受任通知」という債務整理開始を告げる文書を銀行側に送ります。
こうなると確実に口座は凍結されるので、
アヴァンス法律事務所に相談をする前にしておくことがあります。

 

それは給料の振込窓口や光熱費の引き落とし先を、
他の銀行に変えたりコンビニ決済などに変えることです。
そのようにしてからアヴァンス法律事務所に任意整理の依頼をすることで
現金の確保や光熱費の支払いが問題なくできるようになるのでダメージが少なくて済むんです。

 

 

代位弁済にはアヴァンス法律事務所がオススメ!

 

  • 信用保証協会でも任意整理をしてくれる
  • 費用が安い
  • 手強い信用保証協会とのやり取りを代理してくれる

 

 

 

信用保証協会でも任意整理をしてくれる

「信用保証協会」と聞くと普通の人はビビってしまい
債務整理もできないんじゃないか?と錯覚してしまいます。

 

でも私がそうだったように、
信用保証協会が相手でもアヴァンス法律事務所は
問題なく任意整理をしてくれて借金を減額することに成功しました。

 

 

 

費用が安い

その銀行に対しての借金の総額が140万円以下の場合のみですが、
アヴァンス法律事務所ならば弁護士事務所に依頼をするよりもかなり安い費用で依頼を受けてくれます。

 

任意整理後もいくらか返済は続きますので、
依頼費用は安いに越したことはありませんからね。

 

 

 

手強い信用保証協会とのやり取りを代理してくれる

信用保証協会は手強く素人では上手く資産を巻き上げられてしまうことも少なくないそうです。

 


とくにマイホームなどを持っている人ならば不動産屋を紹介してきたり、
5年〜10年の期限で返済する約束をしていても「このままでは元金が減らない」
などと競売する方向に話を進めようとさえしてきます。

 

アヴァンス法律事務所に依頼をすると
こういった信用保証協会とのやり取りを代理してくれるので、
思わぬワナにかからなくても済むんです。

 

 

 

 

アヴァンス法務事務所の正しい利用の仕方!のまとめ

 

銀行系やその他の金融機関で「代位弁済」をされてしまっても、
けっして信用保証協会の言いなりにならないことが大切です。

 

実は信用保証協会は一般企業であるにも関わらず
「公的機関」のような口ぶりでいろんなことをいってきますので注意しなくてはなりません。

 

確実なのはアヴァンス法律事務所など法律の専門家に相談することと、
口座の凍結前に手を打っておくことですね。