弁護士だけじゃない!司法書士に頼むという選択枠

法律事務所

 

借金の支払いが苦しくなり、

 

そろそろ「債務整理」をしようと考えていませんか?

 

 

最近では債務整理のコマーシャルをテレビでよく見かけますし、

 

たいてい「弁護士事務所」が宣伝をしています。

 

 

でも、債務整理を専門にとりあつかってくれる専門家は、

 

”弁護士”だけではありません。

 

 

債務整理をしてくれるもう一つの専門家に「司法書士」がいます。

 

あまりよく分からない人はこの2つの違いにピンとこないでしょう。

 

 

ここでは、債務整理をするときに「司法書士」に頼む、

 

という選択肢があるということをご説明します。

 

 

 

 

 

 

「司法書士」とはどんな職業?

 

まずは「司法書士」がどんな職業なのか知っておきましょう。

 

「司法書士」とは法務大臣の認可を受けた法律の専門家です。

 

 

 

会社の登記や法律に関わる書類の作成や法律上の手続きを代わりにしてくれるのです。

 

法律関係の書類はたいへん難しく専門知識も必要ですから、

 

法律上の手続きが必要なときなどにはものすごく役にたつ存在です。

 

 

 

「街の法律屋さん」という愛称で知られますが、

 

少額の仕事などで報酬が低くなる案件は、

 

弁護士事務所では引く受けてくれないこともあります。

 

 

そういった小さな依頼でも引き受けてくれるので、

 

司法書士は一般庶民にとっては力強い法律のアドバイザーだといえるのです。

 

 

 

 

 

「司法書士」と「弁護士」の違い

 

街の法律屋さんとして馴染みのある司法書士ですが、

 

動ける範囲が弁護士よりも狭いのが難点です。

 

 

債務整理をするときの弁護士と司法書士の違いは次のようなものです。

 

 

  • 司法書士は140万円未満の案件しか扱えない
  •  

  • 弁護士は扱える限度額がない
  •  

  • 司法書士は「簡易裁判所」で扱うような簡易訴訟のみ代理ができる(認定司法書士のみ)
  •  

  • 弁護士はすべての訴訟・和解交渉ができる

 

 

かんたんにいえば、法律に関しての依頼で140万円までの案件、

 

そして簡易裁判所で扱うような借金問題ならば司法書士に頼むことができるということです。

 

 

これが、弁護士ならばすべての法律問題に対して扱える、

 

という違いがあります。

 

 

 

 

 

 

 

なぜ「司法書士」に頼むのか?

 

現在の債務整理ではどちらかというと「弁護士」よりも「司法書士」のほうが活躍しています。

 

ではなぜみなさんは「法律に対して限界のある」司法書士を選ぶのでしょうか?

 

理由は以下になります。

 

 

  • 弁護士では少額の依頼を断ることがある
  •  

  • 司法書士の方が依頼するときのハードルが低い(親しみやすい)
  •  

  • 費用が安い
  •  

  • 債務整理の実績のある事務所が多い

 

 

「動きに制限がある」司法書士ですが、

 

あまりに高額な借金や難しい和解交渉などでない場合には、

 

”十分に対応ができる”のです。

 

 

弁護士は法律のエキスパートですが、

 

弁護士からみれば「債務整理」というのはそれほど大きな仕事ではありません。

 

 

裁判所とのやり取りなどすべてを代理でしてくれますが、

 

その分費用も高額になるのでデメリットもあるのです。

 

 

 

 

 

 

法律事務所

こんな人は司法書士を選択しよう!

 

「借金を整理」するのですから、

 

費用は安いにこしたことはありません。

 

 

 

ただし、司法書士は弁護士と違って「限界」がありますので、

 

そのボーダーラインを知っておくと便利です。

 

 

  1. 過払い金返還請求の場合、1件につき140万円までの依頼
  2. 1件につき140万円以内の任意整理
  3. 3裁判所への出廷が可能な時間がある場合の個人再生・自己破産

 

 

たいてい、個人で支払いが滞る場合には、

 

複数のカード会社や消費者金融から借り入れしています。

 

 

「1件につき140万円まで」といいますが、

 

これくらいの金額でおさまる案件は多いのです。

 

 

また、以前までは個人再生や自己破産の場合、

 

裁判官との面談に司法書士は同席できませんでしたが、

 

最近では同席させてもらえることが常識になりつつあります。

 

 

「任せっきり」ができる弁護士に対して司法書士の場合は本人が少し動かなければなりません。

 

しかし、債務整理の面談などは一般の裁判とは違ってスムースにことが運びますので、

 

弁護士に依頼した場合と司法書士に頼んだ場合とくらべてもそれほどの違いは感じないでしょう。

 

 

 

 

 

このように、費用の安さや手軽さなどで、

 

弁護士ではなく司法書士に頼むメリットもたくさんあります。

 

注意点としては、たんなる「司法書士」ではなく、

 

「認定司法書士」に頼むことが大切です。

 

インターネットのホームページなどを閲覧すると、

 

司法書士の「資格」は明記されていますので確認は簡単です。

 

 

関連ページ

債務整理でブラックリストにならない方法があるのはホント?
債務整理の方法の中には「ブラックリストにならない方法」があることを解説しました。
旦那と作った借金…離婚で自分名義になったら私が支払うの?
婚姻中に夫婦で作った借金の離婚後自分名義になっている場合の支払い義務について解説。
早く完済するための「おまとめローン」近道のはずが遠回り?
おまとめローンによって近道になるはずの借金返済が遠回りになる理由のまとめ
任意整理したら利子を払わなくていいってどういうこと?
任意整理をしたときに利子を払わなくていい理由としくみを解説しました